体の健康を保つ|病気の早期発見に役立つ人間ドックで健康状態を確認しよう
医師

病気の早期発見に役立つ人間ドックで健康状態を確認しよう

体の健康を保つ

病院

胃カメラ検査とは何か

横浜の病院では、病気の早期発見や病気の予防のために人間ドックを定期的に行っています。人間ドックでは、体の隅々まで細かく症状を検査することができます。色々な検査がある中でも、横浜の病院では必ず胃カメラ検査が行われます。この検査は、一般的に胃部内視鏡検査と呼ばれるものです。カメラを胃の中に入れて、直接、食道・胃・十二指腸を観察することができます。各臓器の粘膜の微細な変化を鮮明にチェックする事で、炎症、潰瘍、ポリープ、腫瘍などがないか診断できます。また、怪しい箇所が有ればすぐに組織を採取して、良性か悪性か診断できます。なので、がんの早期発見に最適です。それと、検査を受けている患者自身も、自分の状態をカメラ画面で直接見ることが可能となります。そのため、気になる部分を医師にすぐに質問することもできます。

苦手な方の為に

横浜の人間ドックで行われる胃カメラの難点は、飲み込むのが苦手な人もいるということです。カメラが舌の根元やのどを圧迫することで、嘔吐を感じる方が多いです。ですが、人間ドックの検査の苦痛を軽減する目的で、横浜の病院では鎮痛剤注射を行ってくれます。この薬を打つことで、気分を落ち着かせて胃カメラを楽に受けることができるようになります。なので、ストレスなく検査ができます。希望する場合は、検査前に先生に遠慮なく相談するといいです。 その他にも、苦痛を軽減するために鼻から細い内視鏡を入れることで検査を行うこともできます。鼻から入れることで嘔吐反応も起こらず、楽に検査を受ける事ができます。希望される場合は、あらかじめどこの病院で行っているか調べてみると良いです。