有害物質を取り除く|病気の早期発見に役立つ人間ドックで健康状態を確認しよう
医師

病気の早期発見に役立つ人間ドックで健康状態を確認しよう

有害物質を取り除く

聴診器

活性酸素に負けない体作り

活性酸素は、シミやシワの老化現象や動脈硬化や生活習慣病を引きおこす物で、体にとっては有害な物です。活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子も攻撃して酸化させてしまいます。 体を活性酸素から守るには、生活習慣の見直しがとても大切になってきます。 タバコや飲酒の摂り過ぎには注意し、紫外線をなるべく浴び無いようにし、軽めの運動を心がけ、ストレスを溜めない生活を送れば、活性酸素が増える事を防いでくれます。 普段の食生活を見直す事も効果があります。 ビタミンCやビタミンEは細胞の酸化を防ぐ働きがあるので、フルーツや野菜やナッツ類を積極的に摂りましょう。ココアやブルーベリーなどにも含まれているポリフェノールや、緑茶に含まれるカテキンや、緑黄色野菜に含まれるベータカロチンや、ゴマのセサミノールや、トマトのリコピン、エビのアスタキサンチンなどにも抗酸化作用があります。 毎日の食事の中でバランスよく摂取することは難しいので、手軽に摂取できるサプリメントがとても便利です。

活性酸素と病

一般的に酸素とは、2つの酸素原子からなる酸素分子のことをいい、これからさらに反応性の高い状態になった酸素のことを活性酸素といいます。活性酸素は英語で、Reactive oxygens spices、略してROSと呼ばれています。 多くの生物にとって酸素は必要不可欠ですが、活性酸素の反応性の高さは生物に対して有害な場合が多く、例えば、活性酸素はDNAの損傷を引き起こし、結果癌の原因になる、とも言われています。また、日本人の2人に1人が患っているとされるアトピー性皮膚炎の原因が、この活性酸素であるという説もあるなど、活性酸素は様々な病気の原因の一つであると考えられています。 酸素を利用する生物は、活性酸素を取り除く機構が必要不可欠で、それは人間も例外ではありません。栄養学的な観点から言えば、抗酸化物質、例えばビタミンCやビタミンEなどは、この活性酸素の除去に関与しているとされており、これらを適度に体内に摂取していないと、活性酸素の除去が正常に行われないはずです。